今すぐお金が必要なら間違いない情報を探しましょう

よほど裕福な家庭で育たった人でないかぎり、借金をした経験があるはずです。
こう言うと「いや私は借金なんかした事はありません」、と思う人が大半でしょう。
でも自動車ローンや住宅ローン等を使用すればそれは立派な借金なのです。ローンと名のつくものは借金なのです。

借金の定義

借金の定義

「借金」という言葉の定義を勘違いしていただきたくないのであえてこのように説明しているのです。
そして、急な出費でどうしてもお金が必要な時は誰にでも起こりえることなのです。
この「急な出費」、これこそが今あなたがかかえている問題ですね。
なぜ急な出費が発生するのでしょうか?そしてそもそも急な出費とはなんなのか?これらをひもといていていかないといけません。
そして急な出費を回避する方法も考えておかないといけませんね。

急な出費の原因

急な出費の原因

急な出費が発生するには先ずその人の財政状況にあります。特に社会人であれば給料日前はピンチの時です。
これは給料を逆算して使わないとお金が足りないということになってしまいます。しかし、なかなか若い社会人で給料を逆算して使う人ことは難しいものです。
でも、これこそが問題の根本なのです。
給料は逆算して使うものです。
逆算しないで無計画にお金を使うと必ず「お金が足りない」という状態になってしまいます。

給料日前にピンチ

給料日前にピンチ

極端な話、給料日前日で、残金1000円、でも貯金無し。
社会人でこの状況は非常にまずいですね。
最低給料日前日には2万円はキープしておきたいところです。
急な出費の原因はいろいろと考えられますが、社会経験が短くて蓄えも少ない若い人の場合は、遊びに使うお金が多いのではないでしょうか。
例えば、冬なら「スキーに誘われたけれどお金がない!!」、夏であれば「海に行こうと誘われたけれどお金がない!!」というような時ですね。

友達から遊びの誘い

友達から遊びの誘い

実はこの様なパターンが多いんです。
あなたならこのピンチをどう乗り切りますか?
誘いを断るという大人の対応も重要ですが、何人かの友達との楽しい時間を過ごすことも大事なことですね。
ここでは一緒にスキーに行くと考えて話を進めていきたいと思います。
お金が無いのにスキーに行くとなると、この場合、お金を借りるという選択肢以外対応は出来ません。

お金をどこから借りるか?

お金をどこから借りるか

ここで問題は何処から借りるか?という問題に変わってきます。
ここが最大の焦点になります。
お金を借りるとは「借金を作る」ということです。
借金を作る事は全く借金をした事が無い人にすれば、かなり抵抗感があると思います。
「借金」のイメージはあまり良いものが現在でもありません。
「借金をする人は、お金にルーズな人」と受け取る人が大半です。

お金を借りられるのは信用力

お金を借りられるのは信用力

別に借金をする人は対人同士でするなら、その定義もわかりますが消費者金融など、自身の信用力でお金を借りるのは全く問題ありません。
急な出費は意外と身近な所でも起こります。親しくしている人が亡くなってしまった時などはお通夜に手ぶらで行く訳にはいきません。
そうは言って欠席する訳にもいきません。
結婚式であれば日取りが数か月前から決まっているので急な出費ではありません。
冠婚葬祭でも急な出費と、前もって分かっている出費にわかれます。
今回のケースは急な出費です。香典としては親しいですから3万円が相場でしょう。この3万円をどう作るかですね。

ネットから簡単に申込み

ネットから簡単に申込み

今は消費者金融ではWEB申込みで簡単に融資の申込みが出来ます。
非常に便利な世の中になりました。
誰にも会わずにお金が借りられる事が出来ます。
勿論、審査の結果によっては借りられないケースもあります。
但し、余程の事が無い限り10万円程度のお金の融資を受ける事は難しい事ではありません。
余程の事とは金融事故です。債務整理等の記録が信用情報機関に残っていると融資は先ず見送られてしまいます。

急な出費は遊びのお金

急な出費は遊びのお金

急な出費は殆どの場合は遊びのお金が多いです。
この遊びのお金と言うのが困った物です。
確かに断るのも一つの手ですが、友人達が楽しい思い出を作っている中、ご自身だけ弾かれるのも非常に嫌な物があります。
先ほどは消費者金融の話を書きましたが、3万円程度なら親や兄弟から借りる方が良いと思います。
身内は大切です。今度兄弟からお金を貸してと言われた時に、お金を貸せれば良いだけの話です。
20歳を過ぎて親に頼るのもどうかと思いますが、1番の安全策である事はいうまでもありません。
親からお金を借りて、利息はありません。3万円程度なら、1度だけなら、親の力を借りても良いのではないでしょうか?
あくまでも1度だけです。
2回目以降はなし。ちゃんとそういう事がない様に誓約書を書くのが良いでしょう。自分をいましめる為です。

借り入れは計画的に

借り入れは計画的に

そして最後急な出費を避ける方法です。
これは至って簡単です。
最初から計画的に貯金をしておく事です。
そうすれば予想外の所でお金が必要になった時でも、貯金でカバー出来ます。
皆さん気が付きましたか?
言い回しが変ったのが。急な出費な所が予想外の出費に変わっています。
元々貯金がある人は急な出費の場合でも余裕がありますから、予想外の出費になります。
急な出費にも色々なケースがあります。
なるべく余裕を持って行動したい所ですね。
何事も蓄えがあるとないのとでは結果が大きく違ってきます。
お金に余裕を持たせる事は非常に重要な事です。
お金でトラブルを起こす事が1番やっかいな事です。
よくテレビのニュースでも流れていますよね。お金は生きて行く上で必ず必要な物です。
どんな時でもお金は必要です。
ジュースを買うのも、バスに乗るのもお金がかかります。
その中で急な出費がある訳です。急な出費がいつ必要になるかは全く予想ができません。
いかんせん、急な出費ですからね。急な出費には様々な背景があり、そして対応策もあります。
余り急な出費が連発する事は無いのも特徴です。

まとめ

①無担保でお金を借りられるのは信用力があるから。
②給料日前、友人からの誘いが原因なら計画性が無い。
③ネットから簡単に申込み可能。
④便利だけれど借り入れは計画的に。